犬の皮膚病の種類とは

 

犬の皮膚病の種類

犬は肌が被毛に隠れて、発症がわかりにくかったりしますが、犬の皮膚病はよくある病気の一つです。ここでは、犬の皮膚病の種類についてその概要を見てみましょう。

 

脂漏症

皮膚の新陳代謝によっておこる皮膚の病気です。皮膚が脂っぽくなったり、かさかさに乾いたりする場合があります。

 

 

アレルギー性の皮膚病

「アレルギー」とは、よく聞く言葉ですが、何らかの刺激を受けたときに過剰な免疫反応を示すことを言います。主なアレルギー性の皮膚病は次のようなものがあります。

 

・アトピー性皮膚炎
・ノミアレルギー性皮膚炎
・食物性アレルギー
・接触性皮膚炎

 

 

ダニに関する皮膚病

犬の皮膚に寄生するダニによって、皮膚に異常を起こすものです。

 

・毛包中症
・ツメダニ感染症
・疥癬症
・マダニ感染症

 

 

菌による皮膚病

犬の皮膚が菌に感染することで、皮膚に異常を発生させるものです。

 

・マラセチア感染症
・皮膚糸状菌症