マセラチアについての解説

 

マラセチア感染症とは

 マラセチア、とよく単独で言われますが、「マラセチア」とはカビの一種の真菌の呼称のことです。
犬や猫の表面の皮膚、耳の中、口の周り、肛門、膣など、正常な皮膚にも普通に存在する常在菌なのですが、何かのきっかけや脂肪分の多い食事をとるなどすると、異常に増殖し、痒みなどの不具合を生じさせます。

 

 脂肪を栄養源にしていて、酵母菌に似ています。犬や猫の耳の中のような脂質や湿度のある場所を好み、その適した条件ではどんどん増殖していきます。抵抗力の落ちているときにも繁殖しやすく、外耳炎や皮膚炎などを引き起こし、はげしいかゆみを生じさせます。

 

 

マラセチアの症状

耳や皮膚に炎症を起こし、かゆみを生じさせます。患部は耳や、顔(口や目の周り)、わき、陰部、爪のまわりなどに発生します。患部から臭いニオイがします。

 

 

マラセチアの治療方法

マラセチアは真菌なので、抗真菌薬を投与、または、塗布します。マラセチアの専用シャンプーが販売されていますので、これを使って皮膚を清潔に保ちます。

 

真菌としてよく知られているのが、水虫、爪水虫です。経験のある方ならおわかりのように、水虫はただ洗っただけでは水虫を治すことは難しく(ほぼ無理でしょう)、水虫薬(抗真菌薬)を使わないと治りません。マラセチアも専用の抗真菌剤を使います。

 

も疾患の発生する部位です。専用の点耳薬があります。

 

お薬はうさパラさんでご購入いただけます。

 

 

抗真菌薬(のみ薬)

塗り薬と比較して、のみ薬タイプの抗真菌薬の効果は絶大です。塗り薬の抗真菌薬だけでは、塗り残しなど毎日の塗布がなかなか大変ですが、のみ薬は手間が少ないです。服用時は獣医師と相談しましょう。

イトラスポア(Itoraspor)100mg

 

イトラスポアを買ってみた!

 

 


スポラル(Sporal)100mg

 

スポラルを買ってみた!

 

 

 

抗真菌薬(塗り薬)

有効成分であるケトコナゾールを含有する抗真菌剤のクリーム、外用薬です。クリームなので、犬の場合、被毛がありますので、塗布方法を工夫する必要がありそうです。レビューを拝見しますと、工夫して使用されているお客さんもおられるようです。

ニゾラルクリーム(NizoralCream)2%

 

 

マラセチアのシャンプー

マラセチア感染症の場合は、抗真菌薬の使用による治療とともに、専用シャンプーにより皮膚を殺菌、清潔に保つ必要があります。マラセチア専用のシャンプーは殺菌成分を含んでいるのが特徴です。うさパラさんで取扱いのマラセチアの専用シャンプーがいくつかありますが、病院で入手するものよりも、どれもお安いものになっています。犬は被毛が多いので大容量のものがさらに割安になってオトクです。

 


(ヤマト便)マラセブシャンプー犬猫兼用(Malaseb Medicated Shampoo)

 


ミコテックス(Micotix)シャンプー

 


メディダームシャンプー(MedidermShampoo)

 

 

マラセチアの点耳薬

耳にも、マラセチア感染症が起こります。耳専用のお薬が便利です。

ポミソルイヤードロップス(PomisolEarDrops)